海老蔵 541 : 憲法変えられなかった時、安倍の最後の手・・・

541 : 憲法変えられなかった時、安倍の最後の手段を警戒しなければならない。

542 : <大分県警本部長の命令か?犯罪者が犯罪者を逮捕できるのか?>

別府署隠しカメラ、県警が設置認める
別府署隠し撮り「無断侵入は不適切だった」 県警本部長:朝日新聞デジタル

543 :  安倍首相の周辺や日本会議が生前退位をヒステリックに否定したがるのは、
それが彼らの極右思想の根幹と真っ向から対立するものだからだ。

そもそも生前退位というのは、江戸時代後期以前の皇室では、しばしば行われていた。
ところが、明治になって、天皇を頂点とする国家神道を国民支配のイデオロギー装置にしようと考えた政府は、
大日本帝國憲法と皇室典範によって、この生前退位を否定、天皇を終身制にした。「万世一系」の男性血統を国家の基軸に据え、
天皇を現人神と位置づける以上、途中で降りるなどということを許すわけにはいかない。終身制であることは不可欠だった。