海老蔵 550 : 茶道でも表現される“侘び寂びの心”を持・・・

550 : 茶道でも表現される“侘び寂びの心”を持ち、表に出過ぎない控えめなものです。
その場にいない相手に対して、その方をお迎えするに当たり、心をこめて準備をする等
目に見えない心を目に見えるものに表す。
その為の努力や舞台裏は微塵も表に出さず、主張もせず、
もてなす相手に余計な気遣いをさせず、相手の五感と心を感動させる。
これが「おもてなし」の本質です。

553 : 「宮内庁幹部の異動は春が通例で、長官は70歳を迎えた年の春に退任する慣習があるため、
この秋で70歳になる風岡氏も来年3月までは務めることが既定路線でした。
ところが官邸サイドは、陛下のお気持ち表明を止められなかった風岡氏にカンカンで、
“落とし前をつけてもらう”と詰め腹を切らせた。しかも70歳を迎えた誕生日当日に報道させるというエゲツなさ。
あからさまな報復人事です」(官邸担当記者)